世界中でマインドフルネスが注目されている。

マインドフルネスは仏教の修行法である「禅」がベースとなっています。宗教色を完全に取り除き誰でも取り組めるように方法論だけを抽出したのがマインドフルネスの実践と言われています。

 

マインドフルネスは近年、アメリカを中心に世界中で注目されています。その理由はマインドフルネスの実践が私たちの心と身体に非常に良い効果をもたらすことが脳科学の研究でわかってきたからです。

 

マインドフルネスの実践によって脳が厚みを増して発達しそれに伴って脳の機能が大きく向上することが数多くの研究で確認されています。

 

GoogleやFacebook、P&Gやゴールドマンサックスを始めとする世界的企業はその効果を従業員の生産性向上とメンタルヘルスのためにマインドフルネスを社内プログラムに組み込んでいます。

 

イトーキや資生堂などが社内研修に取り入れたり商品に応用したりと日本でも少しづつではありますが広がりを見せつつあります。

誰もが知っているセレブ達も・・・

アップルの創業者である故スティーブ・ジョブスもマインドフルネスに取り組んでいたことはあまりにも有名です。その他にも

 

ビル・ゲイツ

クリントン元大統領

松下幸之助

稲盛和夫

レディーガガ

イチロー

長谷部誠

マイケル・ジョーダン

ジョコビッチ

タイガー・ウッズ

ニコールキッドマン

ミランダカー

 

といった誰もが知っているセレブ達もマインドフルネスの実践に取り組んでいます。彼らもその本当の効果を知っているからこそ当たり前のように取り組んでいるのでしょう。

医療や福祉、教育にも

マインドフルネスの実践は企業やセレブ達だけが取り組んでいるのではありません。アメリカやヨーロッパの一部の国では医療、福祉、教育にマインドフルネスが正式に取り入られて効果を上げています。

 

特に医療分野での貢献は大きく、精神疾患はもちろん慢性的な痛み、ガン、難病などにも効果的という臨床データもあります。

 

日本ではまだまだ医療や福祉に導入されていませんが少年院や女子刑務所に更生プログラムの中に正式に採用されています。

マインドフルネスの意味。

マインドフルネスとは「今この瞬間の気づきや意識」という意味になります。簡単に言えば、心を過去や未来ではなく「今」に留めている状態のことです。

 

私たちの心は気づけば「今」にありません。過去や未来にいったりきたりしています。

 

すでに過ぎ去った過去のことに思いを馳せたり、まだ来ていない未来のことを考えふけったり・・・この時は大抵、嫌なことを考えているでしょう。

 

「どうしてあの時、こんな選択をしたのか?」「あっちの道を選んでいたら今頃は・・・」「明日の仕事嫌だな」「将来、年金はもらえるのだろうか?」

 

心が「今」を離れて過去や未来に漂っているとき、意識は「今」にありません。意識は「今」にないので今すべきことに対する集中力はひどく低下しています。

 

集中力が低下した状態では仕事も勉強もスポーツも本来のパフォーマンスを発揮することは不可能です。

 

現代人の多くは恐ろしく集中するのが苦手です。一日の大半を「今」ではなく過去や未来に囚われています。

 

また心が「今」にあるときはストレスはまったくありません。なぜなら心がきちんと「今」にあれば自分勝手な判断や評価、煩悩はその瞬間完全に消えているからです。

 

「今」に心を留めるには訓練が必要です。その訓練がマインドフルネスの実践です。マインドフルネスを実践することで心を「今」に持ってくることを身体で覚え、必要なときに「今」を意識することができるのです。

身体で理解する

ここまでマインドフルネスについて簡単にお話してきました。わかったようなわからないようなそんな感じではないでしょうか?

 

今はそれでいいのです。マインドフルネスは頭で理解するものではなく、実践を通して体感しながら身体で理解するものだからです。

 

いくらマインドフルネスの理屈や理論を勉強しても実践がなければあなたの人生は何も変わりません。余計な理屈や知識に囚われて振り回されるだけです。

 

マインドフルネスの研究者や他の指導者を見ているとそれがよくわかります。

 

マインドフルネスをある程度、実践すればこのホームページで書いてあることが腑に落ちるでしょう。

 

マインドフルネスに興味を持たれたのであれば余計な理屈や知識は横に置いといてとにかく実践してみてください。

 

実践こそがあなたの人生を良くする方法です。

 

短期間で効率よく習得したいあなたには人気NO1の「個人セッション」がお勧めです。

よくある勘違い

マインドフルネスに取り組んでいるけど、このホームページでで書いているような効果は出ていません。

 

マインドフルネスの効果って大げさじゃないの?嘘だろ?というあなた!!その理由は簡単です。間違ったマインドフルネスの方法に取り組んでいる効果が出ないのです。

 

「本で学びました」本を読んでもマインドフルネスの実践ができるようには絶対になりません。天才は除く。

 

「セミナーで学びました」肩書や知識はあるけどマインドフルネスの実践も本質もロクに知らない人から運悪く学んでしまったのでしょう。しっかりと指導者を選んでください。

 

「お寺で座禅に取り組んでいます」禅やマインドフルネスの実践をちゃんと指導できる僧侶はそれほど多くはありません。だから効果も出ません。(雲水や禅僧に直接指導してきた経験から言えること)

 

「マインドフルネスは効果を望むものではない」どういう動機で取り組もうが「正しく」マインドフルネスを実践できているのであれば本質にたどり着きます。

 

 

マインドフルネスに限りませんが間違ったやり方で取り組んでいても効果は一生出ませんし、何も変わりません。

 

マインドフルネスの実践によって獲得することが可能な効果を望むのであれば大阪・天満橋マインドフルネス研究所で正しいマインドフルネスを学び、実践することを超おススメします!!