マインドフルネスと気功。

あなたはどうしてマインドフルネスに継続して取り組むと気功が使えるようになるのか知っていますか?座禅を長年行ってきてる僧侶がなぜ気功を使えるのかご存知ですか?

 

マインドフルネスを正しく続けていると気功が自然に使えるようになります。事実、気功師のトレーニングでもマインドフルネスは重要視されており、気功の先生たちもマインドフルネスの効果を認めています。

 

もちろんマインドフルネスを正しく長期間行ったからといって、誰もが人の病気を治せる気功師のレベルに達するかどうかはわかりません。

 

しかしマインドフルネスを継続すれば確実に気の存在を感じることが出来るようになるし、自分自身を健康にするセルフ気功なら、誰でも身につけることが出来ます。

 

それではまず気功とは何か?気功について述べていきたいと思います。

気功はオカルトなのか?

気功と聞くと「うさんくさい」「オカルトだ」「怪しい」と思う人も少なくないでしょう。「そんなことで病気が治るのだったら病院や医者はいらないよ」と完全否定する人がいるかもしれません。

 

反対に「いろいろな病院で診てもらってもダメだったが、ダメ元で気功を受けたら治りました」「気功で末期ガンが治った」「難病が完治した」「半身不随を克服した」という人も本当に存在しているのです。

 

もしかしたらそれは偶然かもしれません。

 

他の治療が遅れて効いていたり、実は元々大した病ではなかったのかもしれません。

 

だからといって「気功はオカルト」「気功で病気は治らない」と決めつけるのは無理があります。気功が使えるようになると本当に不思議な体験を目の当たりにするからです。

「気」とは何か?

気」は目に見えないから気功は胡散臭いと考える人も多くいます。

 

しかしあなたが信じようが、信じまいが実際に「気」は存在します。その証拠に日本には「気」を使った言葉がたくさんあります。

 

「気を付ける」「気を使う」「気にする」「気が合う」「元気」「雰囲気」病気」「勇気」「天気」「気を配る」「気配」「気の持ちよう」といった言葉が現代でも溢れています。

 

私たちは日常的にこれらの言葉を違和感なく使っています。日本にたくさんの「気」言葉が存在する理由は昔の人は、「気」の存在を認識していたのです。そして実際に使いこなしていたはずです。

 

でなければ「気」言葉がこれほど多く日常生活の中で使われることはありません。

 

「気」は確実に存在します。感じとれるか、感じ取れないかの差なのです。

「気」とはエネルギーのこと。

わかりやすく言えば、「気」とはエネルギーのことです。私たち人間を含め、全ての動植物は「気」を持っています。

 

生きているとはエネルギーがそこにあるということだからです。

 

「気」をエネルギーと捉えるとその存在が身近になりませんか?

 

例えば、ストレスで疲れている人や病気で弱っている人って話をしなくてもエネルギーが小さいと何となくわかりませんか?

 

反対にこの人はエネルギッシュだと人も見ればわかるでしょう?

 

私たちは話しをしなくてもその人から発するエネルギー、つまり「気」を感じとってしまうからです。

 

これこそが「気」があるという証拠になりませんか?

 

まだ科学では解明されたわけではありませんが、常識ある科学者の多くも「気」の存在を認めているのです。

 

アメリカやヨーロッパでは気功が保険適用に出来ないか?と国が真面目に議論しています。

 

ヨーロッパのお金持ちは病気になると病院には行かず、ヒーラー(気功師)に治療を頼むそうです。

 

ちなみに気功とヒーリングは同じです。エネルギーを利用して影響を与える方法を東洋では「気功」、ヨーロッパでは「ヒーリング」と呼びます。

 

気功とは私たちが感じ取れる「気」をコントロールして自分や他人に影響を与える技術のことです。 

 

気功のトレーニングを積み、熟練してくると自分だけでなく、目の前の人にも影響を与えることが出来ます。つまり健康にしたり、病気を治したりといったことが出来るのです。

 

日本では、小児科や外科などのあらゆる分野の医学部教授によって作られた日本統合医療学会で数多くの臨床例が発表されています。

 

気功は医者や科学者も注目しているのです。

なぜマインドフルネスを続けると気功ができるようになるのか?

マインドフルネスとは自分を観察して、自分と向き合い、対話し、自分を知ることです。

 

自分を知るというのは言い方を変えると、自分の気の存在を認識し、自分の気を感じるとも言えます。

 

実際に日々、マインドフルネスに取り組んでいると自分のエネルギー状態が手に取るようにわかってきます。

 

「今日は気力がある。」「今日は調子がいい」ということに深く気づくことが出来るのです。それだけでなく、身体の気の流れや、それを操作することが可能になります。

 

ここまで来れば嫌でも気の存在を信じることでしょう。

 

さらにマインドフルネスを続ければ、ますます気の扱い方が上手くなります。次第に自分だけでなく、周りの人にも影響を与えるようになってきます。 

マインドフル気功を体験したい方へ。

ここまで気についての理屈を簡単に解説してきましたが、これを読んでみて「気功」に興味が沸いてきましたか?

 

「私も気功が使えるようになりたい」と思ったかもしれません。

 

もし気功が使えるようになりたいとお考えならば、「マインドフルネス」と「瞑想」と「気功」をミックスさせた「マインドフル気功」の実践をお勧めします。

 

この3つを同時進行で行うことで、より早く気功を習得できますし、より強い気を得ることができます。

 

実際に気功師の多くはマインドフルネスや瞑想に長時間、取り組んでいます。

 

私が気功を教わった全日本気功師会の副理事の方も、「気功師に瞑想はとても大切だから毎日取り組め」と言われます。

 

大阪・天満橋マインドフルネス研究所では「マインドフル気功」のセッションや指導も行っています。

 

短期間で効率よく習得されたいあなたには個人セッションがお勧めです。