マインドフルネスに取り組むとどうして気功が出来るようになるのか?

あなたはどうして瞑想に継続して取り組むと気功が使えるようになるのか知っていますか?座禅を長年行ってきてる僧侶がなぜ気功を使えるのかご存知ですか?瞑想を正しく続けていると気功が自然に使えるようになります。事実、気功師のトレーニングも瞑想は重要視されており、気功の先生たちも瞑想の効果を認めています。

もちろん瞑想を正しく長期間行ったからといって誰もが人の病気を治せるというレベルに達するかどうかはわかりません。しかし確実に気の存在を感じることが出来るようになるし、自分を健康にするセルフ気功ならば誰でも身につけることが出来るでしょう。それではまず気功とは何か?気功について述べていきたいと思います。

気功はオカルトなのか?

気功と聞くと「うさんくさい」「オカルトだ」「怪しい」と思う人も少なくないでしょう。「そんなことで病気が治るのだったら病院や医者はいらないよ」と完全否定する人もいることと思います。反対に「いろいろな病院で治療をしても無意味だったけど気功の先生に出会って治りました」「気功で末期ガンが治った」「難病が完治した」という人も大勢実在しているのです。

もしかしたらそれはたまたまや偶然かもしれません。他の治療が遅れて効いていたり、元々大した病ではなかったのかもしれません。だからといって「気功はオカルト」「気功で病気は治らない」と決めつけることも出来ません。

気とは何か?

気は目に見えないので存在しないと思う人も多くいると思うのですが、実際に気は存在します。その証拠に日本には「気」を使った言葉がたくさんあります。「気を付ける」「気を使う」「気にする」「気が合う」「元気」「雰囲気」病気」と私たちは日常的にこれらの言葉を使っているでしょう。  気とはエネルギーのことです。オーラと呼ぶ人もいます。そしてこれが見える人もいます。  

ストレスで疲れている人や病気で弱っている人って見るだけですぐにわかりませんか?反対にこの人はエネルギー溢れた人というのもわかるでしょう? これこそがまさに「気」を感じているからです。話しをしなくてもその人から発する「気」を感じるからそれがわかるのです。  気功はその「気」をコントロールして自分や他人に影響を与える方法論です。 

熟練してくると自分だけでなく、相手の病気を治したり元気にすることも可能です。実際にアメリカなどでは気功を医療に使おうと本気で研究して実際に用いています。 日本でも小児科や外科などのあらゆる分野の医学部教授によって作られた日本統合医療学会で数多くの臨床例が発表されています。

なぜ瞑想すると気功が身につくのか?

瞑想とは自分を観察して、自分を知ることです。自分を知ることとは、自分の気を感じることでもあります。エネルギーを感じることでもあります。瞑想に取り組んでいると自分のエネルギー状態が手に取るようにわかってきます。「今日は気力がある。」「今日は調子がいい」ということが他の人達よりも深く気づくことが出来るのです。

そうすると気の存在を認知することが出来るようになり、人によっては実際に見えるようになる人もいるでしょう。気の存在を認知することで、次はその気を操作したり触れたりすることが出来るようになります。そしてその気を身体の中に入れたり循環させたりと感じ、実際に行うことが可能になるのです。

 

マインドフル気功を体験したい方へ。

「マインドフルネス」+「瞑想」+「気功」を融合させた「マインドフル気功」のセッションを受けることが出来ます。体験したい方は以下よりお申し込みください。