マインドフルネスを学ぶ上で非常に大切なこと

マインドフルネスを学ぶ方法はいくつかありますが、自己流で取り組むのは絶対に辞めた方がいいでしょう。本やネットなどでマインドフルネスの取り組み方が書いてありますが、それを元に一人で取り組んでも本来の効果は出ません。

 

何より自己流で取り組むのは危険です。人格が崩壊したりうつ病が悪化したりというリスクがあります。マインドフルネスの危険性についての記事。

 

ピアノをうまく弾けるようになりたいと思ったらピアノ教室に通って先生からちゃんとピアノを習いませんか?

 

ピアノの本を読みながら自分一人で練習しても継続が困難だしおそらく満足に弾けるレベルには一部の天才を除いて到達しないでしょう。

 

しかし不思議なことにマインドフルネスに関しては本や動画などを見て、自分一人で取り組めば出来るようになると思っている人が多くいます。

 

マインドフルネスの本を読めば知識や理論は手に入ります。しかし知識や理論を知ってもマインドフルネスは出来るようになりません。

 

「知っている」と「出来る」は全然違います。この差は物凄く大きい。

 

マインドフルネス体験セミナーやワークショップに1回や2回参加しただけで「あとは習ったことを自分でやってみます」という人も多く見受けられます。もちろん考え方は人それぞれなのでこれが悪いとは言いません。

 

ですがこういう話を聞くといつも「もったいないな・・・」と思います。1回や2回習っただけでは満足にできるようには絶対になりません。1回や2回で終わってしまうのは非常にもったいないことです。

 

趣味や自己満足、一時的なリラックスが目的ならばそれでもいいでしょう。

 

しかし真剣に自分と向き合って自分の心を成長させたい。人格を向上させたいと望むあなたはこの考え方はダメです。

 

マインドフルネスに取り組んで本気で自分の心と身体をコントロールしたい、本気で自分の人生をしっかりと生きるようになりたいと強く思う人はちゃんとした指導者の元で継続して習ってください。

 

特に最初の段階はとても大切です!!

 

以下はマインドフルネスの学び方について書いていますので参考にしてもらうと幸いです。

マインドフルネス関連の本やネットで情報を得て自分で取り組む。

まず一つ目はマインドフルネスの書籍やネットで情報を収集し取り組むという方法です。結論から言えばこの方法はおススメしません。

 

まず正しいマインドフルネス、正しい取り組み方が日本語で書かれてある書籍が非常に少ないのです。(2018年1月1日現在)

 

知識や理論が先行すると初心者の方はマインドフルネスについて誤解を招く恐れがあります。ネットの情報はもっとヤバいです。初心者の方にとってはどの情報が正しいのか?の見極めは不可能でしょう。

 

また書籍を読んで一人で実践となるとそれが「正しいのか?」「間違っているのか?」と迷いが生じます。迷いが生じた状態で実践するのは真っ暗な森を懐中電灯をもたずに歩くようなもの。

 

場合によっては危険をもたらす場合があります。効果も変化も起きにくいのでモチベーションも続かないでしょう。

 

マインドフルネスは頭ではなく体感を持って身体全体で理解するものです。

 

手に泳げるようになりたいのなら本を読んで自己流で練習するのではなく、最初は水泳のコーチに習うと思います。マインドフルネスもそれとまったく同じです。

 

本やネットの情報を元に一人で取り組むのははっきり言って時間の無駄でしょう。

 

一部の天才を除いて自己流でマインドフルネスを習得するのは不可能です。(趣味で取り組む分には自己流でも大丈夫です。)

 

あなたがもし一人で取り組んでいるのならば今すぐにでも指導者を探したほうが良いと思います。

 

もし可能であるならば当研究所が主催する体験セミナーやワークショップ、個人セッションを受けることが望ましいでしょう。

大阪マインドフルネス体験セミナーに参加する。

私は大阪を中心に活動しているので、東京の実態はどうなのかはあまりわかりませんが、知人などを通して入ってくる情報ではマインドフルネス関連のセミナーやワークショップはかなり多いとのこと。

 

しかし残念ながら大阪を含む西日本ではまだまだマインドフルネスのセミナーやワークショップが少ないのが現状です。指導者もいません。

 

*というよりマインドフルネスを教えてくれる所は日本全国を探してもほとんどありません。大半はマインドフルネスではなく「瞑想」の指導です。

 

マインドフルネスを実践するのであれば当研究所が主催している大阪マインドフルネス体験セミナーに参加することがおススメです。大阪マインドフルネス体験セミナーは年齢、性別、職業、目的など様々な方が参加されます。

 

大阪マインドフルネス体験セミナーではいろいろな方々のマインドフルネスに取り組んだ感想やフィードバックを聞くことができます。

 

実は他の実践者の声を聞くことはマインドフルネスを習得するのに非常に重要なのです。なぜ重要なのかは参加して体感してみてください。

 

なにより大阪マインドフルネス体験セミナーは「本気」の方しかいません。本気の人達が集まる場は充実した良い気が充満しています。

 

そんな空気間の中でマインドフルネスを実践するからこそ、あなたが望む結果が得られるのです。

 

また当研究所が独自に取り組んでいる「人間関係」マインドフルネスという2人以上で取り組むマインドフルネス瞑想も体験することが出来ます。

 

「人間関係」マインドフルネスは他のセミナーやワークショップでは取り組んでいません。コミュニケーションの本質の部分をトレーニングするワークです。臨床心理士や教師、医師も参加しています。

マインドフルネスのセミナーやワークショップに参加する。

当研究所が主催する大阪マインドフルネス体験セミナーは理論2割、実践8割という形を取っております。ワークショップや勉強会では理論が7割、実践が3割という内容となります。

 

マインドフルネスは頭で理解するものではなく、体感を持って身体で理解するものです。身体で理解するからあなたの人生の役に立つのです。

 

しかし私たちは一人一人、理解の仕方や学び方は違います。実践メインの大阪マインドフルネス体験セミナーが好きな方もいれば物足りない人もいるでしょう。

 

大阪マインドフルネス体験セミナーが物足りないあなたにはマインドフルネスワークショップや勉強会がおススメです。

 

当研究所が主催するワークショップや勉強会は瞑想だけでなく、脳科学、心理学、身体学、生理学、栄養学、医学、運動学とあらゆる角度から構成されています。

 

初心者の方にもわかりやすいように専門用語は極力排除しています。一般的な言葉に置き換えていますので、ベースの知識がない方でも十分内容を理解して頂くことが出来ます。

 

参加者は医者、大学教授、歯科医、臨床心理士、心理カウンセラー、教師、保育士、ヨガインストラクター、整体師、介護士、理学療法士といった専門家の方々にも多く参加頂いております。 

マインドフルネスの個人セッションを受ける。

ここまでマインドフルネスの学び方をいくつか紹介してきましたが、最も効果が早く現れ習得が圧倒的に速いのが個人セッションです。

 

その理由はあなたの「考え方」「性格」「身体」「ストレス度」「目的」「既往歴」「精神の状態」「生活スタイル」「職業」などを考慮しオリジナルのマインドフルネスプログラムを作成し実践していくからです。

 

マインドフルネス体験セミナーやワークショップに継続参加してもマインドフルネスの効果は出ますが、時間がかかってしまいます。

 

個人セッションならその時間を圧倒的に短縮することが可能です。長い目で見ると時間もお金も個人セッションの方がお得でしょう。

 

個人セッションは完全予約制のマンツーマンで行うので、他の方と顔を合わすことや悩みを聞かれることもありません。もちろん個人情報が外部に漏れることは絶対にありません。