受験生の方にもマインドフルネスは有効です

どうして同じ内容の勉強をしても、同じ時間勉強をしても人によって成績に違いが現れるのでしょうか?

「生まれつきの頭の良さが違うからだ」

「頭が良くなる栄養を取っているのではないか?」

といろいろと答えは出てくるかもしれません。

たしかに生まれつき頭が良い人はいてますし、頭が良くなる栄養素やサプリメントがあるかもしれません。

しかしそれ以上に大きな原因が一つあります。

それは「集中力」です。

受験に成功するかどうかは「集中力」で決まる。

集中力が高い人は同じ時間勉強しても他の人よりも記憶する量が違います。

集中力が高い人はそうでない人よりも速く計算問題を解くことが出来ます。

集中力が高い人は効率的に文章問題を解くことが出来ます。

実際に70人ほどの学生たちをマインドフルネスに取り組んだグループと取り組まなかったグループを分けてそれぞれに計算問題や文章問題をやってもらいました。

そして問題を解く時間や正答率を調べたところ、明らかにマインドフルネスに取り組んだ学生達の方が解く時間も正答率も良かったというデータを得ています。

私自身もマインドフルネスに取り組んでから自然と速読が出来るようになったり、記憶力や思考する力が格段に上がっていることを実感しています。

マインドフルネス瞑想会に継続して参加されてる方々からも「頭の回転が速くなった」「記憶力が上がった」という報告を受けています。

集中力を高めるコツは感情のコントロールにある

ではなぜマインドフルネスに取り組むと集中力が高まるのでしょうか?

それはネガティブな感情をコントロールすることが可能になるからです。

例えば、学校で先生に怒られたり家で親に怒られてあとは嫌な気持ちやモヤモヤが続くことがあります。その状態で勉強しようと思っても頭に入ってこない、集中できないといった経験は誰でもあるでしょう。

そしてそれを忘れたと思っていても実は潜在意識ではまだ嫌な気持ちやモヤモヤがある場合が多いのです。

理由はわからないけど勉強する気にならない、やる気が起きないということがあるでしょう?

その理由が潜在意識にある嫌な気持ちやモヤモヤなのです。

これをコントロールしなければあなたの集中力は高まりません。集中力を発揮する脳の部分と感情を司る脳の部分はどちらか一方しか働きません。

だから感情を司る脳が優位であれば集中力は高まらないのです。

マインドフルネスで嫌な気持ちや試験前の緊張を克服して集中力を高めよう。

マインドフルネスのワークなどに取り組むことによって、潜在意識の嫌な感情やモヤモヤをコントロールすることが出来ます。

また試験前の緊張もコントロールすることが可能になるので、受験本番でも自分の力を全て発揮できるようになります。

緊張は頭の回転や思考力を低下させるので実は受験生にとって大敵なのです。

マインドフルネスに取り組むことによって

・集中力が高まることによって記憶力が向上する。

・緊張をコントロールすることによって受験本番で力を最大限発揮できる。

・頭の回転が速くなり思考能力が高まる。

・受験勉強のストレスや疲労を軽減できる。

マインドフルネスは体感を持ってしか身に着けることは出来ません。

ネットや本の知識をいくら覚えたところでマインドフルネスの効果を得ることは難しいでしょう。

マインドフルネスを体感したいとお考えの方はマインドフルネス体験に一度越しください。



なぜマインドフルネスに取り組むと集中力が高まるのか?も併せてお読み頂くとより理解が深まると思います。

ご相談・お問い合わせ

受験生の方やご両親からのマインドフルネスや集中力といったところでのご相談をメールにておこなっています。以下のフォームよりお問い合わせください。

yahooやhotmailのメールでは届かない場合があります。

docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがあります。

sk8er-boi-jun@hotmail.co.jpを受信できるようお願いします。

メモ: * は入力必須項目です

集中力を高めるマインドフルネス瞑想