あなたには怒りのコントロールが絶対に必要!!

あなたは最近、何かに怒りを覚えましたか?

怒りは私たちが生きていく上で必要不可欠な感情です。怒りを感じることは何の問題もありません。しかし心が怒りに支配されてしまうと非常に問題。

怒りを感じることは人間であれば当たり前ですが、それに囚われずに怒りをコントロールすることは物凄く大切なことです。

怒りをコントロールすることはより良い人生を送る上で必要不可欠な能力。全人類が身に着けるべき能力だと考えています。

怒りをコントロール出来ないがために人生を棒に振った人を何人も知っています。

街中で肩がぶつかりカッとなって殴ってしまい逮捕されてしまった。恋人が浮気した事実を知り怒りに任せて首を絞めて殺してしまった。

もしかしたらあなたも過去にこれに近い経験をしたことがあるかもしれません。

私自身も過去に付き合っていた女性についカッとなって怒鳴ってしまったことが何度かあります。

手は出さなかったもののそれで関係が悪化してしまい別れたこともあります。そうなってしまってからではいくら反省しても後悔しても遅いのです。

そうなる前に自分をコントロールしなければいけません。

自分の感情をコントロールするというのは、その感情を消したり我慢することではありません。

感情に心が支配されないこと、囚われないということです。

怒りは感じてもいいのです。人間ですから怒りを感じるのは当たり前。怒りを我慢する必要はありません。

しかし怒りの渦に飲み込まれてはいけない。大切なのは怒りの感情に支配されないことです。

特に怒りの感情は他の感情よりも私たちを支配する力が強いですからね。

普段は優しい良い人でも怒りに、支配されてしまうと我を忘れて、残忍なことをしてしまうことがあります。

怒りは自分を守るための緊急モードでもあるからです。

なぜあなたは怒りに支配されてしまうのか?

マインドフルネスを用いた対処法を学ぶ前に、簡単に怒りのメカニズムについてお話しますね。

不安と恐怖を手放すの記事で学んだ扁桃体が主役です不安と恐怖を手放すの記事はこちら。

怒りを感じると扁桃体(脳の警報装置)が脳全体を乗っ取ります。

扁桃体が脳を乗っ取ると、扁桃体が暴走しアドレナリンを放出されます。アドレナリンが放出されると
前頭葉の働きが低下します。

前頭葉は高度な思考や理性を司っている非常に大切な場所です。前頭葉の働きが低下すると冷静な思考が出来なくなり理性も働かなくなります。

怒りに囚われているときに、普段ならばありえない判断や行動をしてしまうのは前頭葉の働きが低下するからです。

いわゆる「キレる」という状態ですね。パニック状態といってもいいと思います。

すぐにできる怒りの対処法。

では次に怒りの対処法についてお伝えします。この対処法はやり方自体は単純に見えますが、身に着けるとかなりの効果を発揮します。

ぜひ実践して身に着けてください。

【怒りの対処法】
1)自分は今怒っている、怒りが生じていることに気づく
2)身体に起きている反応を観察する。
3)怒りから距離を取るために呼吸を意識する。

この方法は不安や恐怖のコントロール法に似ていることに気づいた人もいるかもしれません。この方法は怒りに限らずいろいろな衝動に応用可能です。

例えば禁煙や過食など。

タバコが吸いたくなったら、暴飲暴食したくなったら1~3を行ってみてください。衝動が落ち着いてくるはずです。

話を怒りのコントロールに戻します。怒りを感じたときに今紹介した方法を実践することで、前頭葉の活動が活発になり扁桃体の活動が低下します。

実践しても怒りの感情がすぐに消えるとは限りません。しかし怒りを感じつつも冷静に、目の前の出来事に対処することが可能です。

続けることで前頭葉の働きが高まってくるので、自然と怒りの感情は収まっていきます。

怒りをコントロールできるようになると、何かトラブルや想定外のことが起きても心が動じなくなります。

人はそんなあなたを見て信頼できる安心できると感じるでしょう。怒りのコントロールをぜひ身に着けてください。人生が大きく変わりますよ!!

 

短期間で効率よく習得したいあなたには人気NO1の「個人セッション」がお勧めです。