理念

マインドフルネスを継続すると、ほかの誰か、ほかの何ものかとの関係によって「私」という存在が作られているということを理解することができます。

 

これは頭で理解するのではなく、体感を伴ってわかることです。

 

私たちとこの世界は一つということに気が付くと自然と「感謝する心」が出てきます。

 

いや、出てくるというよりも身体の奥底から湧き上がってくると言った方が良いでしょう。 

 

この宇宙の全ては関係において成り立っています。 

 

現代社会では、これが軽視されているように感じるのです。

 

お金さえ儲かればいい!他人のことはどうでもいい!遠い国で起きていることなんて知らん! とまるでこの世には自分しかいないかのように錯覚してる人がとても多い。

 

私たちは関係の中でしか生きることができないのに!! 多くの人がそこに気付けば、この世の中から争いや差別や暴力はなくなると思っています。 

 

ではどうすればいいのでしょうか? 

 

それはできるだけ多くの方にマインドフルネスを知ってもらい、実践してもらい、私たちは他との関係の中でしか生きることができないと体感してもらうことです。

 

頭ではなく身体の奥底から湧き上がってきたものを感じてもらうのです。

 

そうすれば自然と感謝の心や思いやりが生まれてきます。 同時に自分へ対する思いやりも出てきて、自尊心や自分を愛する気持ちも持てるようになります。 

 

何度も言うようにこれは頭で理解するものではなく身体の奥底から湧き上がってくるものなのです。

 

ですから実践あるのみです。勉強も良いですが、体感を伴って身体を使って取り組むしか方法はありません。

 

縁あって私のマインドフルネスのレッスンを受けられた方は、どうか自分が活躍する職場、また身近な人にマインドフルネスをどんどん伝えて行ってほしいと思います。