慢性疼痛・繊維筋痛症とマインドフルネス。

マインドフルネスや瞑想は、うつ病を始めとする精神疾患に限らず、内科的疾患や頭痛や腰痛などの痛み、またガンなどにも効果が認められるという報告や科学的データもあります。

 

日経サイエンス2015年1月号では、繊維筋痛症や慢性疼痛に対するマインドフルネスの効果についての記事が紹介されています。

 

~以下記事より一部抜粋~

 

マインドフルネスストレス低減法のプログラムを作ったカバットジンが1985年に90人の慢性疼痛患者に行ったマインドフルネス8週間プログラムを行いました。

 

結果、痛みやネガティブな感情、不安は15か月にわたって軽減しました。対して神経ブロックや理学療法、抗うつ薬を投与された患者には有益な効果は見られなかったそうです。

厚生労働省もマインドフルネスを認めている。

厚生労働省が編集・制作している「慢性痛患者のためのセルフケアガイドブック」の10ページにマインドフルネスのことが書かれてあります。 

 

~以下一部抜粋~ 

 

②考え方(認知行動療法、瞑想、マインドフルネス)

 

概要  

ものの受け取り方や考え方を変えることや行動をコントロールすることで、気持ちを楽に したり、ストレスに対応できるこころの状態を作ります。

 

また、マインドフルネスによる呼吸は、呼吸を意識することで心身の安定化と調整を目的とし、瞑想はヨガなどの思想を基本として心の乱れを鎮めます。

 

論文の結果  

自分の考えを再構築したり、問題解決のための方法を学ぶことで、痛みやうつなどの気分 に効果的だったとする報告が多く、瞑想に関してはマインドフルネス法が用いられ、うつな どに効果的であるとの報告があります。

 

なお、考え方単独よりも総合的プログラムとして運 動など組み合わせて行われている報告もあり、高い効果を示しています。

 

注意点 

深刻な有害事象は報告されていませんが、まれに気分が悪くなるなどの精神的な変化が 認められることがあります。

 

③ヨガ

 

概要  

姿勢や呼吸法を重視するものや瞑想による精神統一を重視したものなど様々な方法が 行われています。一般的には独自のポーズ、呼吸法、瞑想などにより心身のバランスを整え ることを目的としています。

 

論文の結果  

姿勢・瞑想・呼吸法を週1回、60~120分行うことで、痛みが改善したとの報告があります。 また、マインドフルネスの一部に含まれるヨガは教育と組み合わせることで、痛み・QOL・睡 眠状態の改善が認められたとの報告があります。

 

注意点   

深刻な有害事象は報告されていませんが、まれに痛みの増悪が認められることが あります。

 

~抜粋終了~

参考となる記事

マインドフルネスの実践方法。

あなたがここまでお読みになって、もしマインドフルネスを実践してみようかなと思ったのでしたら大阪・天満橋マインドフルネス研究所のプログラムに取り組んで頂きたいと思います。

 

気軽に実践したい方はグループレッスンがお勧めです。大阪マインドフルネス体験セミナーの詳細はこちら。

 

短期間で効率よく実践したい人には個人セッションがお勧めです。個人セッションの詳細はこちら。