マインドフルネスとは気づきの瞑想

マインドフルネスは「気づきの瞑想」とも言われております。この瞑想の元は仏教が発祥で悟りを得るための手段の一つでもあるのです。

ここでマインドフルネスを表している釈迦の言葉を紹介しましょう

「過去を追うな!未来を願うな!過去はすでに捨てられた。未来はまだやって来ない。だから現在のことがらを、現在においてよく観察し、揺らぐことなく動ずる事なく、よく見極めて実践するべし。ただ今日なすべきことを熱心になせ。誰か明日の死のあることを知らん」

パーリ語聖典「マッジマ・ニカーヤ」。