マインドフルネス瞑想に取り組む目的をしっかりと定めよ。

何事もそうですが「なぜそれに取り組むのか?」「何ために行うのか?」を考えて実践しなければいけません。目的地のない旅が好きな人はそういう考えでもいいのかもしれません(旅すること自体が目的)が目的を定めるというのは大切なことなのです。

 

よく「マインドフルネス瞑想をするときは目的などは定めてはいけない」とか「ただ座る」と言う人がいますがこれは間違いです。正確には「瞑想実践中は目的など考えずに目の前のことだけに意識しなさい」ということです。

 

こういうことを言う人は仏教を中途半端に勉強している人か大した瞑想実践の経験も僧侶です。彼らの戯言に振り回されてはいけません。目的をしっかりと定めてください。

 

目的を定めることのメリットはモチベーションが持続すること、取り組んでいることが正しいかどうかの検証が出来るということです。自分がどこに向かっているか?を常に意識してみてください。

 

「目的はない。瞑想するために瞑想している」というのでも全然大丈夫です。目的を「瞑想すること」としっかり定めていますから。