うつ病に効くマインドフルネス瞑想

うつ病と診断されてる方が増えているみたいですね。現代社会はどんどん過酷になっており精神的ストレスを受ける度合は年々増えているのでしょう。また情報が溢れまくっていることで情報に振り回されていることも原因でしょうか。原因は何にせようつ病の人が増えることは社会的にマイナスでしょう。

 

そんなうつ病ですが様々な治療法があります。薬物療法と心理療法が代表的な治療方法でしょう。食事療法や運動療法もありますが一般的ではありません。実際には食事療法や運動療法で治る人もいます。その理由については別の機会にこのブログで書きたいと思います。

 

そんなうつ病の治療ですが最近はマインドフルネス瞑想が効果的ではないか?というエビデンスが出てきています。その反面、効果がないというエビデンスもあります。大阪・天満橋マインドフルネス研究所のこれまでのマインドフルネス瞑想の指導経験から言えることはマインドフルネス瞑想はうつ病に有効です。

 

もちろんうつ病の度合いにもよるのですがうつ病と診断された方全員が良くなっています。なぜマインドフルネス瞑想がうつ病に効果的なのでしょうか?

 

マインドフルネス瞑想は継続すると自分の心の状態を的確に把握することが出来ます。適格に把握出来るようになると心の状態をある程度コントロールすることが可能になります。不安が襲ってきたらそれに飲み込まれずに距離を置けるといった感じです。

 

不安などのネガティブな感情が出てこなくなるということではありません。ネガティブな感情が出てきても心の対処が出来るようになるということです。これは簡単そうですがマインドフルネス瞑想を継続することでしか出来るようになりません。

 

ネガティブな感情や思考と距離が取れるようになれば心のしんどさや苦しさは格段に軽減します。そうなると身体の方にも良い影響が出てきまし、少しづつではありますが「やる気」や「意欲」が現れ行動も変わります。

 

この状態になるまでには個人差はありますが少し時間がかかる場合があります。しかし継続して取り組むことで確実に良くなります。ただ抗うつ薬などの薬を服用している方は服用していない方に比べて良くなるまでに時間がかかります。出来れば薬の服用を辞めて欲しいのですがこれは担当医と相談が必要です。自分で勝手に服用を辞めないでください。

 

マインドフルネス瞑想はうつ病に確実に効果があります。実践してるけど効果がないという方は正しく実践出来ていないか?治りたくないという気持ちが潜在意識にあるか?です。そうではなく食事や身体に原因がある場合もあります。ですのでマインドフルネス瞑想だけでなく食事改善や身体の方にもアプローチが必要です。

 

そんな方のために大阪・天満橋マインドフルネス研究所ではホリスティック・マインドフルネスというプログラムを作りました。マインドフルネス瞑想を単体で行うよりも効果的ですよ。