マインドフルネス瞑想が上手くなるだけではダメ。

マインドフルネス瞑想に取り組んで、マインドフルネス瞑想が上手になるのはとても素晴らしいことです。しかしマインドフルネス瞑想が上手になったところであなたの「心の問題」が解決するとは限りません。

 

と言うのが「日常生活」を想定してマインドフルネス瞑想に取り組まなければ現代人は「日常生活」に変化をもたらすことが難しいのです。

 

多くの人は瞑想中だけでなく「日常生活」の中でも心が穏やかに過ごしたいと思っているでしょう。「日常生活」の中で何か問題が起きたときでも穏やかに冷静に解決したいと望んでいるのではないでしょうか?

 

マインドフルネス瞑想に取り組み脳をの仕組みを変化させ、精神を成長させ、心を磨いていけばそれは可能になるでしょう。しかしそれはただ瞑想をすればいいということではありません。先ほどから書いているように「日常生活」を意識しなければそれを実践するのは難しいのです。

 

「瞑想歴何十年」という人でも何かに心が囚われまくりということが多いのですがそれは「日常生活」をまったく意識していないから。「瞑想中だけ穏やかになればいい」と思ってやってきた人です。

 

本人がそれでもいいのならばかまいませんが、「日常生活」を変えたいと望むのであれば彼らの真似をしてはいけません。あなたはどうですか??