マインドフルネス指導者の選び方②

マインドフルネスを学ぼうと思ったとき指導者のプロフィールを確認すると思います。その時にどこを重要視するでしょうか?

 

学歴?指導経歴?実績?所属先?ルックス?などどこを重視するかは人によって違うと思います。瞑想指導者のプロフィールによくあるのが「瞑想歴〇〇年」というやつ。中には瞑想歴30年とか40年と書いている人もいます。結論から言えばこういう人は避けた方が良いと思います。

 

「瞑想歴何十年」と言ってる人と会って話したりその人が書いてる物を読んだ経験がその理由です。マインドフルネス瞑想をやってる人同士は会えば「この人はかなり実践してる」や「まだ初心者レベルだね」というのがわかります。直接会話をすればもっとわかりますが立ち姿を見ただけで実力は完全にわかります。「瞑想実践してるのにそれがわからない」という人はまだ実践が足りません。

 

話を戻すと「瞑想歴何十年」と書いてる人で凄い人にお目にかかったことがありません。それどころか「本当にこの人は実践してるのか?」と疑うようなレベルの人ばかりです。「ウソをついている」か「間違った実践」をしてきたかのどちらかでしょう。こう書くと「それはあなたの主観でしょ?」と思う人もいるのでもう少しこの件を掘り下げます。

 

プロフィールに「瞑想歴何十年」と書くということは「自信のなさ」の現れです。もしくは「自分を大きく見せよう」という気持ちが働いています。本当に瞑想を何十年も実践してるのであればそういう気持ちはクリアになってるはずです。現に瞑想の達人と言われている凄い人達のプロフィールを見ても「瞑想歴何十年」とは一切書いていません。シンプルです。これは他の分野の達人にも共通しています。

 

もう一つはビジネス目的でしょう。「瞑想歴何十年」と書けば権威や肩書に弱い一般人を集客しやすいという考えであえてそれを書いてる場合もあります。そういう指導者は「良い物を提供しよう」ではなく「お金を稼ごう」が動因なので真剣にマインドフルネスを学ぼうと思う人にはおススメしません。

 

もちろんここで書いたことは独断と偏見が混じっているので全てが正しいわけではありません。指導者を選ぶ上での一つの視点として読んで貰えればいいかなと思います。指導者を選ぶ上で大事なのは「あなたがどういう動機でマインドフルネスを実践するのか?」です。それによって指導者を変えなければいけません。

 

趣味程度や現実逃避の為にマインドフルネス瞑想を実践したいのであればどこでも良いでしょう。しかし自分と真剣に向き合うために、自分を変えるために実践するのであれば指導者を吟味しなければいけません。それは指導者によって大きく変わります。プロフィールに騙されずにしっかりと選んでください。