マインドフルネス瞑想に取り組めば病気が治る?

アメリカの書籍などを読むとマインドフルネス瞑想に取り組んでガンや治療が難しいと言われる病気が治るといったことが書いてあります。怪しい記述もあるのですがマインドフルネス瞑想に取り組んで病気が治ったことは事実でしょう。

 

その理由は簡単です。現代人の病気の大半は心が作っているからです。例えばガン。ガンになる一番の理由はストレスです。遺伝や食事と言われることも多いですが最も影響が大きいのはストレスなのです。ガンとストレスの関係を突き詰めていくと文章が長くなりすぎるので割愛しますが、その他の病気もストレスが大きな原因であることは多くの医師や治療家も指摘しています。

 

ということはストレスを根本から解決するマインドフルネス瞑想に取り組めば病気が治っても不思議でも何でもありません。実際に大阪・天満橋マインドフルネス研究所が主催するマインドフルネス瞑想会や個人セッションを受けた人で現代医学では治療不可能の難病やアレルギーが治るといったケースもあります。

 

もちろんそれは「正しく」マインドフルネス瞑想に取り組んだ場合に限ります。マインドフルネス瞑想には様々な病気を治す可能性がありますが、病気を治すために取り組むものではありません。マインドフルネス瞑想に取り組んで難病を克服した人は「難病を治そう」という目的で取り組んだのではありません。気付いたら治っていたというのが本当です。

 

「治そう」というのは新たなストレスになります。病気のことは忘れてただマインドフルネス瞑想に取り組む。それが良いのです。大阪・天満橋マインドフルネス研究所が提供するマインドフルネスはそれを可能にしますよ。